結婚前に確認したほうが良い事3選|ブライダルネット

結婚後のギャップはとても多い

結婚前に確認したほうが良い事3選|ブライダルネット

「アニヴェルセル総研」が行った調査によると(全国の20代〜30代の既婚男女618人が対象)、結婚後のギャップがいろいろとあることに気づいている夫婦はたくさんいます。アンケートでは「食事の嗜好・マナー」、「お金の価値観・使い方」、「家事のルール」、「教育方針」、「イベントがある日の過ごし方」、「その他の内容」という6つの項目について尋ねられましたが、順位は以下の通りでした(https://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report51.html)。

 

1位 食事の嗜好・マナー
2位 お金の価値観・使い方
3位 家事のルール
4位 教育方針
5位 イベントがある日の過ごし方
6位 その他

 

食事は毎日のイベントです。その分お互いの価値観や好みの違いが目につきやすいのでしょう。お金も家庭の中でかなり大きなウェイトを占めるテーマです。お金がないと日常の支払いやお出かけにも支障が出てしまいます。ここをしっかりしないと問題発生率が高くなります。家事のルールも問題が起きやすいテーマのようです。家庭が清潔で整然とした場所だとストレスがないですが、家事の分担がうまくいかないと逆にストレスのたまり場になります。子どもがいる家庭では教育方針も当然言い争いの火種になるでしょう。

 

このように結婚後のギャップはいろいろと複雑なので、結婚前に確認すべき事をリストアップすることをオススメします。アンケートの結果以外にもギャップの温床になりそうなテーマはたくさんあると思いますが、特に大切な3つの分野にフォーカスをあてて、もう少し具体的な対策を見てみましょう。

 

食事の嗜好・マナー

まずは食事の嗜好やマナーについてです。「たかが食事」と思うかもしれませんが、食事は日常生活の楽しみの一つで、健康にも直結します。ですからできるだけ食事の好き嫌いについて確認しとくと賢明です。特に関東と関西など、出身地方が違って味付けの濃淡がかなり異なる場合がそうです。朝食にパンを食べるかご飯を食べるかという問題もあります。譲歩できるならその方が良いですが、食事の好みはなかなか変えられませんよね。食事だけで相手との相性を決めるわけにはいきませんが、できるだけ好みが合う人との方が日常は楽しいでしょう。

 

食事に関してはもう一つ注意点があります。それは浪費に関してです。お酒やスイーツなどを頻繁に欲しがる相手かどうか調べると良いでしょう。

こういった嗜好品はかなりの出費になる場合があるからです。また外食が大好きかどうかでも支出に影響があります。確認しておきましょう。

 

マナーについては、人によって気にする範囲が異なります。ただ「くちゃくちゃ音を立てて食べる」「スマホばかり見ている」といったマナー違反は誰でも気になるでしょう。結婚後でも直せる範囲ですが、このあたりで自分に配慮を示してくれるか観察するのは良いことです。

 

お金について

結婚前に確認したほうが良い事3選|ブライダルネット

お金の問題もシビアです。相手がお金をどれだけ使うかどうかによって家庭の幸福度はかなり変わるからです。相手の無駄遣いが多ければ家計が圧迫されてイライラすることが増えるでしょう。クレジットカードの使い方が荒く、無駄に想えるものもポンポン買ってしまうようであれば問題です。そういう過程はほぼ間違いなくお金についてケンカばかりするでしょう。

会社づきあいで何万円もすぐに使ってしまう相手、貯金が苦手な相手、趣味が広くてお金を使いまくる相手なども要注意です。

極端な倹約生活も考え物ですが、少なくとも無駄な出費を抑えるために協力できるかどうかを判別しておくのは良いでしょう

 

出産・育児について

カップルの間で子どもについて話すのも大事なことです。子どもが絶対欲しい人と欲しくない人が結婚したら100%問題が起きると言えます。逆に子どもが増えすぎても家計などに影響が出てきます。子供を持つのか持たないのか、持つとしたら何人くらいまでかなど家族計画は慎重にしておくと良いでしょう。結婚してからお互いのプランを共有し合うのでは問題が起きやすいです。少し気恥しいテーマかもしれませんが、交際中に話しておくと良いでしょう。プロフィールなどにさりげなく書いておくと、妙な気恥しさを覚えずにすむかもしれません。

 

子どもを持つことにしたカップルの場合は、育児のありかたについても話を詰めておく必要があります。よくドラマなどで「子どもの事は全部私に任せっぱなし」と母親が怒るシーンがありますが、育児に関して両方の協力がないと、実際にそういう問題が発生します。子どもをどこで学ばせるか、習い事はさせるか、させるとしたらいくらくらいまで払うかなど、大まかなイメージを共有するのは良いことです。

ページの先頭へ戻る