法則7|年齢は同じくらいの人を選んで

年齢差に関する一般的な見方

法則7|年齢は同じくらいの人を選んで

「ひとつ年上の女房は、金のわらじを履いてでも探せ」という格言があります。これは年上女房のメリットについて強調した格言です。一般的には男性の方が女性より年齢が上というケースが多いと思いますが、最近は年の差婚や姉さん女房という組み合わせも珍しくありません。結論から言えば年の差は最も重要な要素ではありません

 

姉さん女房だとその逆よりもうまくいくという保証はないですし、逆にうまくいかないというセオリーもありません。マイナビウーマンが行ったアンケートによると、「付き合う女性の年齢は重視するか」という問いに対して、「重視する」と回答した人の割合は54%、「重視しない」と回答した人は46%でした。これを見ると年齢差を意識している方が上です。ただそこまで大差はありません。

 

では女性はどのような意識を持っているでしょうか?株式会社ウエディングパークが行った別の調査によると(20代〜30代の女性109人が対象)、女性は男性が思っている以上に自分の年齢を気にしているようです。結婚年齢について8割以上の人が「気にしている」と回答しました。別の調査では「年齢が理由で別れたことがある」という方は全体の2割います。

 

年齢が原因で婚活がスムーズにいかないという経験をした例をいくつか見てみましょう。

32歳・女性

婚活事務所に登録をしたら、20代まではお見合いの申し込みが絶えなかったのに、30歳になったと同時にまったく申し込みが来なくなった。自分から申し込みをしても年齢で落とされることが多くなった。

34歳・女性

コンパで女性が年齢を公開すると、急に男性の態度が激変。明らかに30歳以降は眼中にない感じだった。

28歳・女性

男友達に40代のキレイな女性を紹介したら『雰囲気はタイプだけど、子どもが欲しいからもうちょっと若い子がいいなー』と言われた。

 

このような現状を見ると、年齢に対してこだわりがないという場合は別として、ある程度年齢を意識した婚活が大切だという事が分かります。ではどれくらいの年齢の相手を選べば良いかというと、同じくらいの年の人が現実的です。そう言える理由をいくつか説明しましょう。

 

年齢は同じくらいの人が良い理由1:ジェネレーションギャップが少ない

年代が違うと話題が微妙に重ならないことがあります。例えば子ども時代に好きだったテレビ番組やキャラクター、お菓子、学校のイベントなどが被らないので、特に共通の話題が出てこないという可能性があります。子ども時代のエピソードは話のタネになりやすいテーマです。「盛り上がることで仲良くなる」なんてこともありえますが、ジェネレーションギャップがあるとそれは期待できません。

 

共通の趣味や好みなど他の分野でカバーできれば良いとはいえ、同年代特有のテーマも無視できません。

 

年齢は同じくらいの人が良い理由2:良い意味で気を遣わなくていい

法則7|年齢は同じくらいの人を選んで

年齢層が同じだと、言いたいことを言いやすいというメリットもあります。この点は「だからこそお互いに遠慮なく言いすぎてしまう」というデメリットにもなりえますが、それでも年齢差ゆえになかなか気を遣いすぎて意見が言えないという状態を回避しやすいでしょう。

 

姉さん女房の場合は、女性の方が発言力が妙に強くなって、大黒柱の男性が情けない感じになってしまうという事が十分ありえます。またタメ口もききやすいため、早くから距離感が近くなるかもしれません。

 

年齢は同じくらいの人が良い理由3:介護の心配がすぐにない

年の差婚の場合、介護の問題が比較的早く来るというデメリットがあります。例えばだんなさんが25歳で奥さんが45歳という夫婦の場合、だんなさんが55歳になったときにはすでに奥さんは70歳で高齢者です。55歳というとまだ定年ではありません。会社勤めがまだまだ忙しいかもしれません。しかし、そろそろ奥さんの介護が現実的な話になってくる頃です。仮に認知症などが発症してしまっては大変です。

 

しかし、同じくらいの年齢の場合、どちらかが極端に早く高齢者になるという事がありません。そのため介護への心配も緩やかでしょう。

 

年齢は同じくらいの人が良い理由4:同年代の友人づきあいも期待できる

一般的に同年代の人とは友達として付き合いやすいというメリットがありますが、そうであれば、交際相手や結婚相手が同年代だと、相手の友人とも同年代になる可能性が高いです。つまり友人づきあいがより気軽になります。先述の通りジェネレーションギャップが少ない相手とはいくぶん付き合いやすいものです。

 

年の差婚の場合、「主人ないしは妻の友人と世代が違って話が盛り上がらない」なんてことがありえます。世代が違っても仲良くできる相手はもちろんいますが、同年代の方がやはり気負いが少ないでしょう。

ページの先頭へ戻る